FC2ブログ
コーディネータのカキちゃんのブログ
中小企業・ベンチャー企業・中堅企業の意欲ある経営者様に、事業に関連する知的資産経営報告書・事業承継・知的財産権・ブランデイング・リブランディングに関する情報を提供させて頂きます。
プロフィール

カキちゃん

Author:カキちゃん
LLCマーケティング知財研究所のシニアコーディネータの垣木です。

知的資産経営報告書の作成に基づいたブランディング又はリブランディングにより、中小企業様・ベンチャー企業様・中堅企業様の事業発展に貢献させて頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特許権・実用新案権よりも意匠権が有効な場合もある
日本の企業は技術スペック至上主義に基づいて技術さえ高ければ製品が売れると
の思想に取り憑かれているように思われる。
確かに技術はある程度のレベルが必要であるが、それでだけ製品が売れると思っ
てしまっている傾向が強いと思われる。
これからは貴社の会社の強い思いを需要者にどのように伝えるかも検討し、デザ
インについても欧米の企業やサムソンなどの韓国の企業に負けないものを創作し
て欲しい。

知的財産権の分野でも、何でも登録要件を審査しない実用新案権の取得をしたが
る傾向にあるが、やはり知的財産権は模倣品が出て来た際にその販売を止めさせ
ることができることが重要ではないかと思われる。
場合によっては、その製品の見た目(デザイン)について意匠権を取得しておく
と、特に売れた製品とほぼ同一の製品を中国などで作らせて日本に輸入して安価
で販売されることに対しては大変有効であると思われるので、是非とも検討して
みて下さい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://markeip2011.blog.fc2.com/tb.php/8-a50781c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。