FC2ブログ
コーディネータのカキちゃんのブログ
中小企業・ベンチャー企業・中堅企業の意欲ある経営者様に、事業に関連する知的資産経営報告書・事業承継・知的財産権・ブランデイング・リブランディングに関する情報を提供させて頂きます。
プロフィール

カキちゃん

Author:カキちゃん
LLCマーケティング知財研究所のシニアコーディネータの垣木です。

知的資産経営報告書の作成に基づいたブランディング又はリブランディングにより、中小企業様・ベンチャー企業様・中堅企業様の事業発展に貢献させて頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特許権の共有は自動車などの物の共有とは違います。
例えば、自動車を共有名義とされておられた場合には、
とぢらかがその自動車を使用されている間は他の者は
当然その自動車を使用することができません。

しかし、特許権の対象である発明は物ではないことか
ら、一方が使用していれば他方が使用できないという
ことはなく、同時に使用できます。この点が大きく異
なります。

もう少し具体的にお話しすると、カラオケ装置の発明
に特許権がある場合に、このカラオケ装置はその共有
者であれば、原則としてお互いに同意を得ることなく
自由にそのカラオケ装置を製造して販売することがで
きるということです。

このことを理解しておかないと、取引企業からこの製
品はすばらしいね。是非とも特許権を取得している技
術について共有にしてくれと依頼され、何も考えず権
利の維持費用が助かるなどと思いこの誘いに乗ると、
そのうち取引企業が中国の海外子会社に製造させて販
売され、その後その取引企業からの受注がなくなった
り、又は市場自体を奪われたりしまうことになりかね
ません。

取引企業からこのような誘いがあった場合には、是非
とも弁理士などの専門家にご相談してみて下さい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://markeip2011.blog.fc2.com/tb.php/6-97a490d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。