コーディネータのカキちゃんのブログ
中小企業・ベンチャー企業・中堅企業の意欲ある経営者様に、事業に関連する知的資産経営報告書・事業承継・知的財産権・ブランデイング・リブランディングに関する情報を提供させて頂きます。
プロフィール

カキちゃん

Author:カキちゃん
LLCマーケティング知財研究所のシニアコーディネータの垣木です。

知的資産経営報告書の作成に基づいたブランディング又はリブランディングにより、中小企業様・ベンチャー企業様・中堅企業様の事業発展に貢献させて頂ければと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商標権を先取りされるとやっかい
事業をされていると会社名やロゴマークなどを使用して
宣伝広告をされると思いますが、具体的な商品やサービ
スとの関係では、会社名などの使用は商標としての使用
になります。
例えば、商品「洋服」を製造販売する「タイガー株式会社」
(架空の会社)があるとすると、パンフレットの表紙に「タ
イガー株式会社」と記載して「洋服」を掲載することは商標
の使用になります。

この場合、例え先に使用を開始しても、第三者が後から商品
「洋服」について「タイガー」で登録を取得されると、商標
権侵害の問題が生じる可能性があります。
一般的な感覚では、先に使用していると優先するような気が
しますが、商標法では先に使用しているだけでなく、第三者
の商標出願の前によく知られている状態(周知)となってい
る必要があります。
実務上は、特にBtoBの商品についてはなかなか立証が難
しいことが多いです。

模倣対策としても商標権の取得は重要ですが、第三者から商
標権侵害を言われないためにも重要な権利ですので、主要な
業務に関する商品又はサービスについては商品権取得を是非
とも考えて下さい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://markeip2011.blog.fc2.com/tb.php/11-9f52242f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。